Ishigaki-bird Hiroji Motowaka Website

●カンムリワシ

カンムリワシ幼鳥カンムリワシ幼鳥カンムリワシ幼鳥カンムリワシ幼鳥冬期には、簡単に見られますが、6月、7月、8月の三カ月は、繁殖のため、森の生活が中心となり、とても見づらくなります。

●リュウキュウアカショウビン

akashoubin.jpgリュウキュウアカショウビン夏鳥の代表であるリュウキュウアカショウビンは、あちらこちらで簡単に見ることができます。石垣島はさながら「アカショウビンの島」というのも過言ではありません。

●リュウキュウツミ

リュウキュウツミ オスリュウキュウツミ オス体が小さくて森林性のため見る機会は少ないですが、鳴き声は聞く機会が多いです。

●ムラサキサギ

ムラサキサギムラサキサギ数は少ないですが、普通に見られます。

●クロサギ

白色型も普通に見られます。

●ズグロミゾゴイ

zuguro-2.jpgズグロミゾゴイ幼鳥zuguro-1.jpgズグロミゾゴイ成鳥集落の近くで見られることが多いです。出会った時には、近くでじっくりと見られることが多いです。しかし時間帯が合わないと難しい鳥です。

●リュウキュウヨシゴイ

yoshigoi.jpgリュウキュウヨシゴイ普通に見ることはできますが、冬は、見ることが難しい鳥です。

●キンバト

kinbato.jpgキンバト メス鳴き声はよく耳にしますが、姿は、見つけにくいです。

●シロハラクイナ

shiroharakuina1.jpgshiroharakuina2.jpg最も数の多いクイナ。しかし、すぐ逃げてしまうので、撮影は困難です。

●リュウキュウヒクイナ

姿を見るのが大変で、会えたら超ラッキー!

●ツルクイナ

tsurukuina1.jpgtsurukuina3.jpg八重山では、少数が繁殖していますので、3月から7月までなら見ることができます。

●オオクイナ

クイナの仲間は、みんな姿を見るのが大変ですが、中でも難しいのは本種です。

●ミフウズラ

mifuuzura.jpgミフウズラ オス牧草地やサトウキビ畑の脇などで見かけることがあります。

●リュウキュウコノハズク

konohazuku.jpgリュウキュウコノハズク一年中、声や姿を楽しめます。

●リュウキュウアオバズク

aobazuku.jpgリュウキュウアオバズク本州産のアオバズクとは違い、地面や低い洞などでも繁殖します。子育ての時には、昼間に近くで見守っている姿が見られます。

●オリイコゲラ

西表島のみ生息する亜種で、出会うチャンスは少ないです。

●オリイヤマガラ

oriiyamagara.jpgオリイヤマガラ西表島の山間部で少数生息、見るチャンスは少ないです。

●イシガキシジュウカラ

ishigakishijuukara.jpgイシガキシジュウカラ身近な小鳥で白黒の姿は、本州産の基亜種とは全く違う印象。一度は見てもらいたい鳥です。

●イシガキヒヨドリ

八重山の亜種はなぜか黒っぽい姿をしているのが多く、その代表格です。

●シロガシラ

与那国島や石垣島ではよく見られるがそのほかの島ではまれ。以前は、西表島では、大きな群れが見えたが、現在は、珍鳥の類です。

●リュウキュウサンショウクイ

一年中、ヒリヒリーとなき鳴きながら飛ぶ姿が見られます。

●リュウキュウキビタキ

ryukyukibitaki.jpgリュウキュウキビタキ美しい姿のオスは、とても見づらいです。しかし、3月、4月には、一般に知られている「ツィヒー ツゥヒー」ではなく、美しいさえずりを聞くことができます。

●チュウダイズアカアオバト

雨の日や曇りの日には、数羽の群れで電線に止まっていることが見られることが多いです。冬場は、かなり見づらい鳥です。